本城式EQ英会話の詳しい内容

本城式EQ英会話は、「元ANA同時通訳が開発した英会話」というキャッチフレーズで、最近よく広告も見かけるようになりました。

色々とこの教材について検索してみると「気になっているけど、どういう内容なのか分からない」という声が多いように思います。

そこで実際にこの教材を持っている私が、本城式EQ英会話とはどういう内容なのか、差し支えない範囲で紹介したいと思います。

はっきり言います、3ヶ月でペラペラは厳しい、がしかし・・・

まず注意しておきたいのは、公式ページで語られている3ヶ月という期間は、「3ヶ月でペラペラになれる」のではなく「3ヶ月で英語をマスターするコツ」が、身につくのだという点です。

これについては、少し表記がややこしいと私も感じますが、3ヶ月というのは、あくまでも英語を身につける土台を形成する期間だと考えた方が良いと思います。

平たく言えば、本城式EQ英会話は、英会話教材ではないということです。

では本城式EQ英会話とは、一体何なのか?

私の感想では、本城式EQ英会話は英会話教材ではなく、ほとんどの日本人が英語を話す際に感じる恐れ、恥ずかしさ、気後れの原因を心理学的に解き明かし、それらを取り除くのが主目的の内容だと思いました。

こう聞くと、何だそれだけか、と思う方もおられるかもしれません。

しかし実際「では今からオンライン英会話でネイティブの先生と話してみましょう!先生はプロですから、あなたが話せなくても大丈夫ですよ!」と言われたとして、一体何人の人が「よし、じゃあ早速話してみよう」と行動に移せるでしょうか?

恐らく何のためらいもなく、ネイティブの先生と話せるのは、この文章を読んでいる方の1%くらいではないでしょうか?

ところが驚くなかれ、私自身、英語圏で複数回のホームステイで体験したのですが、ネイティブを相手に緊張したり、遠慮してしまうのは、ほとんど日本人だけで、他の国の人々はどんなに下手くそでも気にしない人が多いのです。

この違いが、公式ページでも指摘されている“日本人特有のメンタルブロック”であり、これを取り除くことに主眼を置いたのが、本城式EQ英会話というわけです。


「なぜ私たちは3ヶ月で英語を話せるようになったのか」DVDブック >>


気づいた人だけが実感する、英会話上達の近道とは

ではその“日本人特有のメンタルブロック”を取り除くと、どんな良いことがあるかというと、正にそれこそが「最短期間で英語をマスターする最大のコツ」だというのが、本城式EQ英会話で示されている考えです。

つまり日本人も他国人のように、ネイティブを相手に下手くそでも気にせず話が出来るメンタルを養えば、英会話はドンドン出来るようになる、というわけで、本城式EQ英会話とは、海外でも、どんな相手とも互角に渡り合える、ある意味で日本人離れしたメンタルを養うための教材だと私は思いました。

このサイトでも、ホームステイに行く前の準備として本城式EQ英会話を奨めているのは、そのためです。

本当に、このメンタルを持てるかどうかで、留学にしろホームステイにしろ、大きくその後の成果が変わってくるということは、私自身の経験からも実感しています。

それは失敗を恐れずにたくさん話す人ほど、早く上達していくのを、この目で何度も見ているからで、それに気づいてからは、私も彼らを見習うことで、それまでより格段の進歩が得られたように思います。


「なぜ私たちは3ヶ月で英語を話せるようになったのか」DVDブック >>


並みの英会話教材よりも、短期間で確かな伸びを実感できるメントレDVD

正直なところ、この本城式EQ英会話は、持っていない人があれこれと効果を語るのは難しい教材です。

この教材の広告を一見すると、よくある英会話教材のような印象を受けますので、持っていない人は英会話教材だと思ってしまうことが多いはずです。

でも、実際は違うのです。

これは

・外国人に相対すると緊張してしまい、本来の実力を出せないと感じている
・まだ上手ではないので恥ずかしいし、他の人に笑われるのではないか?
・周りに日本人がいると意識してしまい、英語を話しづらい
・とにかく短期間で英語でコミュニケーションを取れるようになりたい


こういった人が、どの国に行っても、誰に対しても、堂々と自信を持って会話が出来るメンタルを養うための教材であって、英会話を教える教材ではないのです。

ということで、逆に言えば、本城式EQ英会話は、正しい英会話を身につけるというよりも

・日本人特有のメンタルブロックを取り除く
・自分の今の実力を活かしてコミュニケーション力を上げる方法
・ブロークンでも相手に通じやすい会話法
・簡単に出来る発音上達テクニック


こういった、いわばショートカット的な方法を駆使しながら、ネイティブに通じる喜びとか、会話が成り立つ楽しさを、受講者になるべく早く実感させようとしている気がしました。

全編を通して感じるのは、本当にきちんとした英会話を身につけるのは、ひとまず英語が通じる嬉しさや楽しさを実感してからでも遅くない、というのが本城さんの考えなのかなという事です。

私が知っているものでは、“日本人特有のメンタルブロック除去”に焦点をあてた、このような英語教材は他に見たことがなく、英語上達のためには外国人と堂々と渡り合うメンタルを養うこと、というのは、遠回りなようでいて、実はとても鋭い、非常に的を得た着眼点ではないでしょうか。

日本に居ながらにして(外国で暮らせば、いずれメンタルブロックは除去できるでしょう)、この点を強化できるのは、これから海外に行こうとしている人にとても役立つでしょうし、自分の上達を妨げている一因を発見し、それを除去出来る人も多いと思います。

個人的には、巷に色々と出ている英会話教材以上に、意味のあることを学べましたし、ごく短期間で自分の会話力の伸びを実感出来た教材でした。


「なぜ私たちは3ヶ月で英語を話せるようになったのか」DVDブック >>


90分であなたに英語のコツと国際人マインドを植え付ける

EQ英会話DVDと書籍のセットが今だけ無料!お申込みはお早めに!
EQ英会話

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」詳細レビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>

 

入会金・年会費無料海外ATMが使えるMoney T Global



海外留学や旅行などで、頭を悩ませるのが「お金の持参方法と管理」ではないでしょうか?

まとまった金額を海外に持参する際に、トラベラーズチェックを利用するのが最も一般的だと思いますが、この方法だと

・両替に行く時間と手間がかかる
・小さな街だと両替所を探すのに手間取る
・急なお金が必要なときに、両替所が空いていないことがある
・何回も両替に行くのがわずらわしい

といった、その国で「生活」する上では不便を感じることがあります。

一回に1ヶ月分のお金を両替してしまえば手間は減りますが、多額の現金を自室に置くことは、特に空き巣や強盗被害が日本の比ではない海外では不安があります。

またルームメイトと住まいをシェアする方も多いですから
その意味でも、現金を部屋に置きっぱなしにするのはアウトですよね。

ではこまめに、必要が生じるたびに両替に行けばいいのでは?
とお考えになるかもしれませんが、これまた面倒。

特にイギリスなどは各種の支払いが週単位でまわってくることが多いので、そのたびに両替所通いをするのも、なかなかの手間なのです。

また時間帯やホリデーシーズンによっては、両替所が空いていないこともあり得るので、あらかじめ先を見越して換金するタイミングを見計らう必要も生じてきます。

それらの「海外でのお金の問題」をスムーズに解決する手段のひとつが
MoneyT Global」です。

MoneyT Globalは、あらかじめ専用口座に現金を入金しておくと
海外のATMで日本と同じ感覚で現地通貨を引き出せるというサービスです。

クレジットカードではないので、学生さんでも与信審査の必要がなく、すぐに利用出来る上、デビットカードのようにVisa加盟店での買い物の支払にも使えるという特徴があります。

また世界中、どこの空港にも必ずATMはありますので、銀行や両替所の長い行列に並ぶこともなく、旅先ですぐに現地通貨を使えるのも、滞在時間が限られた旅行者には嬉しいサービスです。

さらにMoneyT Globalは、日本にある専用口座にご家族がご入金し、あなたが海外で現地通貨として引き出す事も出来るので、特に長期留学時の資金受け取り・管理方法として、安全性・利便性共に優れているサービスだと思います。

 

MoneyT Globalの詳しい情報はこちら >>

 




見れば英語に自信が持てる

無料プレゼント実施中! EQ英会話

外国人を前にすると緊張する」「英語がスラスラ通じる人と何度も聞き返される人はここが違う」など、英語に興味ある方必見の内容が詰まったDVDです。

詳しくはこちらから >>

一体何のDVDなの? >>